MENU

大人になってからアトピーが再発してしまう原因は?

アトピーは年齢の幼い乳幼児時代に発症して10代前半までには治ることが多い病気でした。

 

しかし、最近は大人になってからも再発をする人が増えてきているようです。

 

忘れていた頃になって再度アトピーが発症してしまう人もいれば、幼少期はなんともなく自分はアトピーではないと思っていたのに、大人になってからアトピーを発症してしまう方も。

 

忘れていた頃にアトピーが出るとなぜこのタイミングで?体質が変わったの?と驚きますよね。

 

ただ、大人のアトピーは何かしら原因があって再発or発症します。

 

ここでは大人になってから発症したアトピーの原因についてご説明します。

環境要因

大人アトピーの再発の原因に挙げられるのがダニやほこり、花粉によるものです。

 

子供の頃は親が掃除をしてくれますが、大人になると掃除が好きな人でなければダニの存在に気を配ることもなくなってしまいますよね。

 

家中で増加したダニが目の粘膜は鼻の粘膜から侵入すると顔周辺にアレルギー反応がおきます。

 

布団のシーツ、マット、絨毯はこまめに洗っていますか?またペットがいる場合ペットにダニがすみついている可能性もあります。

 

ダニの糞、死骸、ほこりは再発の原因となるのでこまめに掃除をしてダニを少しでも減らします。

 

また花粉の季節は花粉対策として家の中の空気洗浄をするべきです。

食生活や生活習慣の乱れ

社会人になると残業やプライベートで忙しい生活を毎日おくるため食事の時間がバラバラになりやすいです。

 

特に男性は油っこい食べ物、飲酒をするようになりますよね。

 

特に植物油のn-6系脂肪酸はアトピー症状を促進させます。唐揚げ、とんかつ、天ぷら…男性が好きな食べ物ばかりですよね。

 

これらの食べ物に使われている油がアトピーの痒みを増進させる原因になっている可能性が高いです。

 

アトピー患者は食生活に気をつけるようにしましょう、と言われることも多いですが、食生活で気をつけるべきポイントはこうした油を避けるべきということなんです。

 

ですが完全になくすのは難しいですよね。付き合いがえ食べる時やたまに食べたくなってしまう時はあります。

 

そんな時は油には気をつけるのと、極力食べる量を減らし肉よりも魚を選んで食べるようにしてくださいね。

 

食生活・生活習慣の乱れから再発しやすくなります。

ストレス

大人になるときっても切り離せないのがストレスです。

 

ストレスは毒素や老廃物を体外に排出する働きと大きく関わっています。

 

そのためストレスが大人のアトピーを再発するきっかけになります。

 

実際にストレスを感じるとアトピーの痒みが強くなったという結果も大学の医療現場で報告されています。

免疫力の低下

バランスの取れていない食生活、過度なストレス、睡眠不足は体の免疫力を低下させます。

 

免疫力が低下すると風邪をひきやすくするだけではなく、アトピーの再発もしやすくなります。

 

子供のアトピーは皮膚構造がまだ弱いことが大きな要因にもなりますが、大人になると自分自身では変えにくい環境要因によって引き起こされやすくなります。

 

自分自身でできるアトピー対策を少しずつしていく必要があると言えるでしょう。

大人のアトピー性皮膚炎で気をつけたいこと

ダニ対策をこまめにする

睡眠時間をしっかりととる

添加物が多い食事は避ける

腸に負担がかかる食べ物を避ける

バランスのよい食生活を送る

肌に負担をかけない木面素材の衣類を着るようにする

 

アトピー体質の方は健康な肌の人と比べて肌質が敏感であるのは変わりません。

 

衣類の擦れも痒みにつながることがあるので、衣類にも気を配るようにしましょう。

 

 

▼アレルナイトプラスの結果報告はこちら▼