MENU

アトピーは遺伝するの?

自分がアトピーだと子供にもアトピーが遺伝してしまうのではないか、と不安になる方も多いのではないでしょうか?

 

辛いアトピー皮膚炎。できれば遺伝してもらいたくないところですが、実際に遺伝は関係するのでしょうか?

 

結論から先にいうとアトピーは遺伝が関係しています。

 

両親の内片親がアトピーをの場合、子供がアトピーにかかる確率は、約30%ほど。

 

両親がアトピーの場合この確率が上昇し半々、つまり約50%となります。

 

ですが親がアトピーだったとしても絶対に子供にそれが受け継がれるかというとそういうわけではないので、「自分がアトピーだから、自分の子供もこうやって自分みたいにアトピーに悩まされるのだ」と、思うのはやめてくださいね。

アトピーにかかりやすい体質(皮膚構造)が遺伝する

ではアトピーのどんな遺伝子が遺伝するのかというと、アトピーになりやすい皮膚構造が遺伝してしまいます。

 

アトピーになる方の肌は健康な方と比べて肌の保湿成分(セラミド)が少なく、そのせいでバリア機能がもろく外的刺激(ダニや埃、塵)を受けやすい特徴があります。

 

肌に貯蔵する保湿成分を貯蔵する力が弱いところが遺伝してしまうのです。

 

ですが、アトピーは生まれてすぐに保湿剤を塗布しケアすることでアトピー発症率が抑えられることがわかっています。

 

つまり、自分がアトピーであれば子供が生まれた時にいち早くアトピー対策ができるのです。

 

赤ちゃんにできるアトピー予防は「保湿」です。新生児の頃から保湿を心がけて行動したか、しなかったかで子供のアトピー発症率に差が出るのです。

 

これから出産する方で自分がアトピー体質だとわかっている場合、我が子がアトピーを発症する前にアトピー予防対策がとれるので、我が子をアトピーから守ることができます。

 

なので、妊娠期間に憂鬱になってしまったり、不安を感じることは赤ちゃんに悪い影響を及ぼしてしまうので悲観的になるのは絶対に避けてくださいね。

 

 

▼アレルナイトプラスの結果報告はこちら▼