MENU

痒みの原因はアレルギーの他にもある?

布団

寝ている間の痒みは、アレルギーの他に毛布が原因になっていることはありませんか?

 

もし毛布が痒みを引き起こしていたら毛布にいるダニが原因です。ダニは、室内温度が20℃〜30℃で湿度が60%〜80%の状態で発生しやすくなります。

 

また、布団にはダニの栄養となる塵や老廃物が豊富で繁殖しやすい場所そのものです。布団にダニが発生すると外敵にさらされることなく卵を産める場所なので、ダニは大量に繁殖しやすくなります。

 

毎日使っている寝具が実はダニ発生の一番の温床になっているのです。毛布は温度を溜め、寝汗などの湿気を吸うので、ダニにとっては最適の環境です。

 

P

原因が毛布のダニとすれば、週一の洗濯と日光干しで退治できます。

 

ただ、毛布に住むダニを完全に撲滅するには、栄養素となる、カビや食べかすなどを徹底的に除去する必要があります。

 

そのためには、加熱と乾燥、捕殺を繰り返す行う必要があります。

 

毛布を高温で乾燥させるは、布団乾燥機で加熱を行ってダニを死滅させ、死骸を電気掃除機で吸い取ると良いです。

 

毛布を敷いている床面や畳にも問題があるかもしれないので、ダニが原因とすれば、掃除機のフィルター管理も重要です。

 

寝ている間の痒みがひどい場合はこういった点にも目を向けてみてくださいね。

 

TOPページ:アレルナイトプラスを実際に飲んだ実録口コミレビューはこちら