MENU

腸と痒みはどんな関係があるの?

腸 痒み

アトピーの痒みを抑えるには、腸内環境を改善する事が重要です。

 

アレルナイトプラスもお腹にいい乳酸菌を配合し、腸内環境の健全化を図っていますよね。

 

これはなぜなのでしょうか?

 

腸には絨毛と呼ばれる突起が無数にあり、ここから胃や腸で消化された栄養素が吸収されます。

 

この時、腸壁の穴は非常に小さいため、栄養素は穴を通過するために細かく分解されてから身体に吸収されます。

 

たとえばタンパク質はそのままでは大きく穴を通過する事ができないため一度アミノ酸まで分解されてこの穴を通過します。

 

このように一旦小さく分解されてから穴を通過すればアレルギーは起こらず、痒みがおこる事はありません。

 

しかし腸の機能が落ちるとこの穴が大きくなってしまいます。

 

そうするとどうでしょうか?分解されていない大きいサイズのままのタンパク質そのものが穴を通過して吸収されてしまい、それを体が異物と判断してしまうため免疫機能が働き痒みが引き起こされます。

 

つまり、大きく緩んでしまった穴を元のサイズに戻すことが痒みを止める為に必要です。

 

穴を小さくするためにはどうすればいい?

ではこの緩んでしまった穴をもとに戻すためにはどうすればよいのでしょうか?

 

まず、この絨毛の穴が緩んでしまった理由に腸の過労腸内細菌の不足が挙げられます。

 

腸の過労を抑止する

普段摂取した栄養を消化、吸収を行う腸は非常に多くのエネルギーを使います。なので食べ物を食べ過ぎると常に腸が働く状態になり、次第に疲れてきます。

 

腸が疲れてくると絨毛の穴はだんだんと大きくなってしまいます。この大きくなった穴に分解されなかったタンパク質が吸収されると、身体が異物とみなしアレルギーを引き起こしてしまいます。

 

普段身体に負担をかける料理内容や量を食べてしまうとより痒みを引き起こす事になってしまうため食べ過ぎや料理の栄養バランスを考えながら食事を摂るようにしましょう。

 

腸内細菌を不足させない

年を重ねると腸内のビフィズス菌など善玉菌の量が減少していく事がわかっています。また低体温、腸の病気も腸内環境を悪化させます。

 

その他ストレス、睡眠不足、運動不足、生活リズムの乱れも腸内環境を悪化させてしまいます。

 

つまり、腸内環境をよくする事が痒みを抑える大切な対策になるので、食事、運動、睡眠、ストレスなど私生活を改めてみましょう。

 

P

アレルナイトプラスはアトピーに対策に効果的な植物性乳酸菌を豊富に配合しています。腸内環境が整うことで痒みを抑え、アトピーのかきむしり衝動を抑制します。

 

薬に頼らず体質を改善したいという方にアレルナイトプラスはピッタリです。

 

TOPページ:⇒アレルナイトプラスを実際に飲んだ実録口コミレビューはこちら