MENU

アトピーとビオチンの関係

アトピーにはビオチンが良いと聞いたことがある人も多いかもしれません。実際にアレルナイトプラスにもビオチンが配合されています。

 

ビオチンはビタミンB群の一種で、糖質・脂質の代謝、炎症抑制効果、免疫異常の改善、肌の新陳代謝を高める働きがあります。

 

なぜアトピーにこのビオチンがいいのか。これは「ビオチンが炎症体質を改善する成分」としてアレルギー抑制効果が期待されているからです。

 

また肌の栄養素となりアトピー性皮膚炎でおこりやすい肌のガサガサ、皮膚の炎症を改善する効果が期待されています。

 

アトピー性皮膚炎の患者の中で血清中のビオチン量が低下している人はビオチン療法の効果が期待されています。

 

ビオチン療法とはビオチンとビタミンC、ミヤリサンを摂取することで肌状態の改善を期待する治療法です。

 

ただし、ビオチン療法はビオチンの量が不足している人には効果を期待できますが、そうでない人にはそれほど効果を実感できません

 

またビオチンを飲めばアトピー性皮膚炎が完治するといったものではなく、ビオチンを取り入れることで肌の状態が改善される程度です。
また痒みに対しては1週間ほどで効果を実感できますが、皮膚の改善は1ヶ月ほど時間がかかります。薬ではないのでどうしても時間がかかりやすいのは念頭においておきましょう。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎を防ぐためにビオチンを飲ませたい場合

生まれた赤ちゃんをアトピーで悩ませたくない。そんなご両親も多いです。

 

ただ日本は法的規制等によってミルクにビオチンを添加することが認められていないため、粉ミルクだけではビオチンが不足しがちです。

 

ただ、母乳にはビオチンがたっぷりと含まれています。したがって赤ちゃんをアトピーから守ってあげたい場合は可能な限り母乳育児をしたほうが理想的と言えそうです。

 

母乳が出ない場合はたんぽぽ茶など母乳の出をよくするお茶もあるのでそういったものを飲むのもオススメです。

 

TOPページ:⇒アレルナイトプラスを実際に飲んだ実録口コミレビューはこちら